システムエンジニアのライバルとの成長

生涯の仕事の目標として、情報技術の分野で開発者として務めることを設定することがあるでしょう。
しかし大きな目標を達成するには、まずはもっと具体的な目標を新たに設定した方がよいと思います。しかし、システムエンジニアとしてどのように仕事に取り組めばいいのか、その目標を具体的に設定することが難しいと言えます。やりがいをもってシステム開発の仕事を続ける目標とできるものとして、同業者のライバルがいます。

仕事に取り組む上で互いに競争できる相手がいれば、能力開発の努力を続けることができるのです。身の回りに同様の仕事や能力を持つ人がいれば、そうした人をライバルとして設定することが方法としてはあるでしょう。競争相手がいるかどうかで、仕事の能力向上の度合いに大きな違いが表れるのです。ライバルがいれば、仕事の難しい曲面であっても、ライバルの様子を思い浮かべて取り組みへの意欲が高められるというケースも大いになるのです。

このように、競争相手を設定するというやりがいの見つけ方は、能力を成長させ長く仕事を続けることに大きな効果があります。また、ライバルを設定するのであれば、能力ができるだけ均衡しているか、あるいは少し相手が優れている程度の競争相手が見つかれば理想的です。そうすれば、無理なく競争を続けることができ、バランスを取ることができる。システムエンジニアとして能力を伸ばし業界で活躍している人は、仕事をこなしてきた各段階でライバルを見い出し、自身の能力向上に活かしているケースが多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>